コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母子像

デジタル大辞泉プラスの解説

母子像

1956年公開の日本映画。監督:佐伯清、原作:久生十蘭、脚色:植草圭之助、撮影:藤井静。出演:山田五十鈴木村功、三条美紀、日吉としやす、山手弘、三笠博子、中原ひとみほか。第11回毎日映画コンクール女優主演賞(山田五十鈴)ほか受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼしぞう〔ボシザウ〕【母子像】

久生十蘭の短編小説。昭和29年(1954)、「読売新聞」に掲載。翌年、吉田健一による英訳版がニューヨークヘラルドトリビューン紙主催の国際短編小説コンクールで1等入選した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

母子像の関連キーワードニクソン(Nicholas Nixon)サンミケーレインフォロ教会マドンナ(聖母マリア)サンペトロニオ聖堂K. コルビッツボルトラッフィオメアリ カサットアンティミスムマルガリトーネ干刈 あがたバニャカバロ米よこせ運動水清 公子カリエール花岡 謙二山内 壮夫岩間 正男大浦天主堂久生 十蘭母子神信仰

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

母子像の関連情報