コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内盛熹 やまうち せいき

2件 の用語解説(山内盛熹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内盛熹 やまうち-せいき

1842-1916 琉球の音楽家。
尚育(しょういく)王8年7月2日生まれ。尚泰(しょうたい)王の近習。野村安趙(あんちょう)に三線(さんしん)をまなぶ。ほろびかけていた湛水流(たんすいりゅう)三線を名護(なご)良保から伝承し,孫の盛彬(せいひん)につたえた。大正5年4月27日死去。75歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山内盛熹

没年:大正5.4.27(1916)
生年:尚育8.7.2(1842.8.7)
19~20世紀の沖縄古典音楽の演奏家。野村安趙に歌三線(三味線)を学び,琉球王国最後の国王尚泰の御近習役を勤めた。尚泰19(1866)年,当時伝承者は名護良保のみといわれて衰微していた湛水流を保存する任を与えられ,松村真信と共に調査した。松村はこれを『湛水流工工四』として記録作成したが,山内は名護より聴取した曲を孫の山内盛彬に伝え,今日への伝承の足がかりとなった。<参考文献>『山内盛彬著作集』2巻

(金城厚)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山内盛熹の関連キーワードエネスコ長慶子屋嘉比朝寄音楽堂クロスオーバー古典音楽アッチャカトゥーラかぎやで風アルカン:モーツァルト:ピアノ協奏曲 第8番 ニ短調 [K466] 、二つのカデンツァつき/piano soloベートーヴェン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone