山内致信(読み)やまのうち むねのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内致信 やまのうち-むねのぶ

1738-1792 江戸時代中期の武士。
元文3年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。高城顕道(たかき-あきみち)に雪荷派の射術をまなぶ。天明のはじめ,京都三十三間堂の通し矢3985本で評判をとり,7代藩主伊達重村(しげむら)から田20石をあたえられた。寛政4年11月13日死去。55歳。本姓安代。通称は小藤太。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android