コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安代 あしろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安代
あしろ

岩手県北西部,八幡平市北部を占める旧町域。青森県,秋田県の両県に隣接する。 1956年荒沢村と田山村が合体し町制。 2005年西根町,松尾村と合体して八幡平市となった。津軽街道 (国道 282号線) の宿駅として発展。域内を奥羽山脈が走り,安比岳 (あっぴだけ) ,七時雨山などの山岳が連なる。地名が由来する安比川は太平洋に,米代川は日本海に流れる。大部分が火山灰土に覆われた標高 400m以上の高原で農地は少ないが,ブナなどの山林資源に恵まれている。特産品としてソバ,マイタケ,牛肉,リンドウがある。南西部の安比岳一帯は十和田八幡平国立公園に属し,JR花輪線赤坂田駅は八幡平の登山口。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安代
あしろ

岩手県北西部、岩手郡にあった旧町名(安代町(ちょう))。現在は八幡平(はちまんたい)市の北部を占める地域。青森、秋田両県に隣接。1956年(昭和31)荒沢、田山(たやま)の2村が合併して町制施行。2002年二戸(にのへ)郡から岩手郡に編入。2005年(平成17)岩手郡西根(にしね)町、松尾(まつお)村と合併して市制施行、八幡平市となった。旧町域の中央部を走る奥羽山脈を分水嶺(れい)として、西方に米代(よねしろ)川、東方に安比(あっぴ)川が流れ、安代の地名も両河川に由来する。JR花輪線が通じる。東北自動車道、八戸(はちのへ)自動車道の分岐点。インターチェンジの設置と結び付いて、安比高原スキー場がオープンし、ホテル、観光農園などを中心とした企業が発足。近くに田山スキー場もある。農林業が主体で肉牛、高冷地野菜の生産、山菜加工などが盛ん。リンドウの栽培は県内一を誇っている。民俗学的にも貴重な資料である「田山盲暦(めくらごよみ)」があり、木版が残っている。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

安代 (やすよ)

生年月日:1680年4月19日
江戸時代中期の薩摩の刀工
1728年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

安代の関連キーワード東北縦貫自動車道主馬首一平安代八幡平市博物館湯田中渋温泉郷岩手県八幡平市松尾(岩手県)山ノ内(町)八幡平(市)山ノ内温泉郷山ノ内[町]国民体育大会地獄谷温泉主水正正清渋[温泉]生年月日東北地方真野安通山内致信一平安代松尾村

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安代の関連情報