コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内豊煕 やまうち とよてる

1件 の用語解説(山内豊煕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内豊煕 やまうち-とよてる

1815-1848 江戸時代後期の大名。
文化12年2月29日生まれ。山内豊資(とよすけ)の長男。天保(てんぽう)14年土佐高知藩主山内家13代となる。医学館をひらき,また武芸を奨励。馬淵嘉平(まぶち-かへい)を登用して天保の改革をすすめたが,成果があがらなかった。嘉永(かえい)元年6月16日死去。34歳。初名は直寿。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山内豊煕の関連キーワード三月革命ウィーン蜂起ルイ[18世]真田幸弘ウィレム[1世]フアト・パシャイタリア演劇奈破崙コーシービーダーマイヤー

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone