コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内道慶 やまのうち みちよし

2件 の用語解説(山内道慶の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内道慶 やまのうち-みちよし

1695-1778 江戸時代中期の殖産家。
元禄(げんろく)8年5月生まれ。山内道恒(みちつね)の父。陸奥(むつ)本吉郡入谷村(宮城県志津川町)の名主。養蚕の奨励を仙台藩に進言し,その普及につとめる。道路の整備,窮民の救済などにもつとめ,終身名字帯刀をゆるされた。安永7年3月2日死去。84歳。通称は甚之丞。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山内道慶

没年:安永7.3.2(1778.3.30)
生年:元禄8.5(1695)
江戸中期の養蚕家。仙台藩本吉郡入谷村(宮城県志津川町)肝煎。通称甚之丞。当時養蚕業の先進地であった伊達郡で技術を学び,農家の副業として入谷村や周辺郡村への普及に努めた。正徳年間(1711~16)藩が京都から織物師小松弥右衛門を招き,織物業の普及に取り組んだことも,道慶の活動に一層はずみをつけた。養蚕業の普及のみならず,私財をなげうっての飢饉救済,道路工事などにも力を尽くし,終身名字帯刀を許されている。その子甚兵衛道恒も養蚕業の普及に努め,天明3(1783)年父の志を明らかにする目的で『民家蚕桑記』を著した。父子2代にわたる功績により藩士に取り立てられた。本吉地方の生糸は「金華山」の銘で藩御用品となり,仙台平の原料となるとともに京都西陣にも送られた。寛政2(1790)年,村民の手で如意輪観音堂が造られ,蚕観音と呼ばれた。<参考文献>『伊達世臣家譜続編』,『志津川町誌』3巻

(齋藤鋭雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山内道慶の関連キーワード新山退甫入谷岩田太郎佐藤友信鈴木勘右衛門谷村嘉順(初代)仁保清作馬場重久山内道恒本吉乃川

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone