コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内道恒 やまのうち みちつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内道恒 やまのうち-みちつね

1719-1797 江戸時代中期-後期の殖産家。
享保(きょうほう)4年生まれ。山内道慶(みちよし)の子。父の遺志をついで養蚕技術の普及につとめ,「民家蚕桑記」をあらわす。仙台藩の大番士にとりたてられ,生糸方売方吟味役となった。寛政9年3月9日死去。79歳。陸奥(むつ)本吉郡(宮城県)出身。通称は甚兵衛

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山内道恒の関連キーワードティークウィーン磁器漂流町奉行チェコの要覧先啓太閤記物スデーヌトリエステ蔀関月

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone