コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口一斎 やまぐち いっさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口一斎 やまぐち-いっさい

1844-1877 幕末-明治時代の医師。
弘化(こうか)元年生まれ。薩摩(さつま)(鹿児島県)重富(しげとみ)郷で医を業とし,博覧強記で知られた。西南戦争のとき大義名分を主張,同郷の同志とともに最後まで私学校派の勧誘に応じなかったため,明治10年4月4日斬殺された。34歳。名は祐清。通称ははじめ猪之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山口一斎の関連キーワード明治時代弘化

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android