コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口一斎 やまぐち いっさい

1件 の用語解説(山口一斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口一斎 やまぐち-いっさい

1844-1877 幕末-明治時代の医師。
弘化(こうか)元年生まれ。薩摩(さつま)(鹿児島県)重富(しげとみ)郷で医を業とし,博覧強記で知られた。西南戦争のとき大義名分を主張,同郷の同志とともに最後まで私学校派の勧誘に応じなかったため,明治10年4月4日斬殺された。34歳。名は祐清。通称ははじめ猪之助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山口一斎の関連キーワード曲芸井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係青木周蔵大迫尚敏岡沢精

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone