博覧強記(読み)ハクランキョウキ

  • はくらんきょうき ‥キャウキ
  • はくらんきょうき〔キヤウキ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 書物をひろく読み、見聞を深めたりなどして豊かな知識をもっていること。また、そのさま。
※王陽明(1893)〈三宅雪嶺〉祖述と反抗「唯だ博覧強記を是れ誇るべきこととは為れり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

広く書物を読み、それらを非常によく記憶して豊かな知識をもっていること。

[使用例] さすが、博覧強記をもって自負している先生にも、この名ばかりは何の事だかわからない[芥川龍之介手巾|1916]

[使用例] 芝居に関する三好の博覧強記には、驚くべきものがあった[里見弴多情仏心|1922~23]

[解説] 「博覧」は広く書物を読み、多くの物事を知ること。「強記」は記憶力のよいこと。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

博覧強記の関連情報