コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱肉 シュニク

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐にく【朱肉】

朱色の印肉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

朱肉【しゅにく】

印章を押すために用いられた朱色の印。中国の・唐の時代からあり,正倉院文書にも残されている。高級品は顔料として赤色硫化水銀を,一般品はレーキ顔料を用い,これにヒマシ油ゴマ油,洋松油,木蝋(もくろう)等を配合してロール機で混和し,もぐさパンヤ等の繊維と練って作る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅにく【朱肉】

印判用の、朱色の印肉。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朱肉
しゅにく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の朱肉の言及

【印章】より

…徳川家光以降の歴代将軍の印文もすべて実名家光・家綱などと定型化した。清朝の篆刻の影響によって,江戸時代好事家は自身の特技を生かして多種多様な印章を自作したが,庶民実用の印は認印,その形は平凡な円印・方印などであり,印肉は朱肉の使用を禁じ黒印のみに制限された。庶民の朱肉使用は1868年(明治1)江戸を東京と改称した年の9月からである。…

【印肉】より

…これを封泥という。そのため後に朱印を使うようになってからでも,朱肉のことを印泥と呼ぶのである。隋・唐時代からは朱印で押した実物が現存しているが,ことに正倉院文書には8世紀の実物が多く残っている。…

※「朱肉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朱肉の関連キーワード主・修・取・守・手・朱・株・殊・狩・珠・種・繻・腫・衆・趣・酒・須・首ニクズク(肉荳蔲)水銀化合物谷川商事山口宗季黒印状手印朱印印章筆印朱字肉池拇印朱抹

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朱肉の関連情報