コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤定房 あんどう さだふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤定房 あんどう-さだふさ

1672-1743 江戸時代前期-中期の武士,茶人。
寛文12年生まれ。旗本。西丸留守居,旗奉行をつとめた。筑前(ちくぜん)福岡藩士笠原道桂に南坊流茶道をまなび,江戸におけるその普及につくした。寛保(かんぽう)3年4月13日死去。72歳。通称は大膳,治右衛門。法名は道円。号は残雪庵,妙雲庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安藤定房の関連キーワード安藤定殻三宅康高茶人

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android