コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤定房(読み)あんどう さだふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤定房 あんどう-さだふさ

1672-1743 江戸時代前期-中期の武士,茶人。
寛文12年生まれ。旗本。西丸留守居,旗奉行をつとめた。筑前(ちくぜん)福岡藩士笠原道桂に南坊流茶道をまなび,江戸におけるその普及につくした。寛保(かんぽう)3年4月13日死去。72歳。通称は大膳,治右衛門。法名は道円。号は残雪庵,妙雲庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android