コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口文象 やまぐち ぶんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口文象 やまぐち-ぶんぞう

1902-1978 大正-昭和時代の建築家。
明治35年1月10日生まれ。大正12年創宇社を結成し,ラディカルな近代建築運動をおこす。帝都復興院勤務をへて昭和5年ドイツに留学,グロピウスに師事。戦後はRIA建築総合研究所を設立した。昭和53年5月19日死去。76歳。東京出身。別名に岡村蚊象。作品に黒部川第二発電所,新制作座文化センターなど。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山口文象の関連キーワード石本 喜久治昭和時代建築家

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山口文象の関連情報