コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口素絢 やまぐち そけん

4件 の用語解説(山口素絢の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山口素絢

江戸後期の円山派の画家。京都生。姓は橘、字は伯陵、のち伯後、通称を武次郎、号は山斎。円山応挙の門で、十哲の一人。特に美人画に著名で同門の駒井源琦が唐美人に長じたのに対し、優美な和美人を得意とした。また花鳥画も能くする。文政元年(1818)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口素絢 やまぐち-そけん

1759-1818 江戸時代中期-後期の画家。
宝暦9年生まれ。円山応挙にまなび,応門十哲のひとり。日本風俗の美人画を得意とし,唐(とう)美人画の駒井琦(こまい-き)とならび称された。文政元年10月24日死去。60歳。京都出身。字(あざな)は伯後。通称は武次郎。号は山斎。著作に「倭(やまと)人物画譜」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やまぐちそけん【山口素絢】

1759‐1818(宝暦9‐文政1)
江戸後期の円山派画家。通称は武次郎,字は伯後,山斎と号す。京都の人。円山応挙に画技を学び,1795年(寛政7)師に従って香住の大乗寺障壁画制作に参加する。1813年(文化10)版の《平安人物志》により,そのころ祇園袋町に住していたことがわかる。人物画をよくして時様の和美人を得意とし,同門源琦の唐美人と併称された。著書に《倭人物画譜》,代表作に《草花図襖》(根津美術館)などがある。素岳はその子。【河野 元昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山口素絢
やまぐちそけん

[生]宝暦9(1759).京都
[没]文政1(1818).10.24. 京都
円山派の画家。字は伯後,通称は武次郎,号は素絢,山斎。円山応挙に師事して人物画,花鳥画を得意とした。特に日本風の美人図を巧みに描き,同門の源 琦の唐美人図と好一対をなした。『倭人物画譜』 (6冊) を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山口素絢の関連キーワード亀岡規禮畑中西山渡辺松臺織田東民山野守嗣伊星双缶斎藤抱山佐々木大寿駒井源琦吉村孝敬

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone