コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口素絢 やまぐち そけん

美術人名辞典の解説

山口素絢

江戸後期の円山派の画家。京都生。姓は橘、字は伯陵、のち伯後、通称を武次郎、号は山斎円山応挙の門で、十哲の一人。特に美人画に著名で同門の駒井源琦が唐美人に長じたのに対し、優美な和美人を得意とした。また花鳥画も能くする。文政元年(1818)歿、60才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口素絢 やまぐち-そけん

1759-1818 江戸時代中期-後期の画家。
宝暦9年生まれ。円山応挙にまなび,応門十哲のひとり。日本風俗の美人画を得意とし,唐(とう)美人画の駒井琦(こまい-き)とならび称された。文政元年10月24日死去。60歳。京都出身。字(あざな)は伯後。通称は武次郎。号は山斎。著作に「倭(やまと)人物画譜」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまぐちそけん【山口素絢】

1759‐1818(宝暦9‐文政1)
江戸後期の円山派画家。通称は武次郎,字は伯後,山斎と号す。京都の人。円山応挙に画技を学び,1795年(寛政7)師に従って香住の大乗寺障壁画制作に参加する。1813年(文化10)版の《平安人物志》により,そのころ祇園袋町に住していたことがわかる。人物画をよくして時様の和美人を得意とし,同門源琦の唐美人と併称された。著書に《倭人物画譜》,代表作に《草花図襖》(根津美術館)などがある。素岳はその子。【河野 元昭

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山口素絢
やまぐちそけん

[生]宝暦9(1759).京都
[没]文政1(1818).10.24. 京都
円山派の画家。字は伯後,通称は武次郎,号は素絢,山斎。円山応挙に師事して人物画,花鳥画を得意とした。特に日本風の美人図を巧みに描き,同門の源 琦の唐美人図と好一対をなした。『倭人物画譜』 (6冊) を著わした。主要作品『美人図』,『孔雀図』 (静嘉堂文庫) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山口素絢の関連キーワード金比羅絵馬館円山四条派矢野夜潮

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android