コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香住 かすみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香住
かすみ

兵庫県北部,香美町北部の旧町域。矢田川日本海に注ぐ河口に位置する。1925年町制。1955年奥佐津村,口佐津村,長井村,余部村の 4村と合体。2005年村岡町,美方町と合体して香美町となった。全般的に山地が多く,平坦地は矢田川の流域と北部の海岸沿いにかぎられる。中心集落の香住は香住湾に注ぐ岸田川の小三角州上にあり,新旧二つの漁港は山陰海岸で有数の水揚げ量を誇り,特にズワイガニは有名。水産加工業も盛ん。香住の南方の大乗寺は別名応挙寺といわれ,円山応挙やその弟子たちの襖絵や壁画があることで知られる。北西部の余部は 1912年に建造された JR山陰本線の余部鉄橋(高さ約 41m,長さ約 310m)で有名だったが,2010年に鉄橋はコンクリート製の余部橋梁にかけ替えられ,橋脚の一部を残し,展望施設などに生まれ変わった。鎧ノ袖は国指定天然記念物。香住海岸但馬御火浦(国指定天然記念物)は国の名勝に指定されており,山陰海岸国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かすみ【香住】

兵庫県北部、美方郡香美(かみ)町北部の地名。旧町名。日本海に臨み、イカ・マツバガニの漁獲が多い。奇岩の多い岩石海岸が続き、景勝地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香住
かすみ

兵庫県北部、城崎(きのさき)郡にあった旧町名(香住町(ちょう))。現在は美方(みかた)郡香美(かみ)町の北部を占める一地区。日本海に臨む。1925年(大正14)香住村が町制施行。1955年(昭和30)に奥佐津(おくさづ)、口佐津、余部(あまるべ)、長井の4村と合併。2005年(平成17)香住町は美方郡美方、村岡(むらおか)の2町と合併して美方郡香美町となる。山地が背後に迫る絶壁の海岸が続き、平野部は矢田川沿いなどにわずかにみられる。海岸沿いの集落をJR山陰本線と国道178号が結ぶ。観光と漁業の町で、香住海岸は山陰海岸国立公園に含まれる景勝地、また香住漁港はマツバガニの水揚げで知られる。二十世紀ナシの栽培や但馬(たじま)牛の飼育も盛んである。大乗(だいじょう)寺(別名応挙(おうきょ)寺)は円山(まるやま)応挙の襖絵(ふすまえ)など円山派の作品で知られ、「大乗寺障壁画」として165点が国の重要文化財に指定されている。[大槻 守]
『『香住町誌』(1980・香住町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

香住の関連キーワードスーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業山陰海岸中部海域公園地区山陰海岸東部海域公園地区兵庫県美方郡香美町あゆの里 矢田川フウリュウウオアブラボウズ浪花 千栄子市川 朝太郎福岡女子大学かすみちゃん香美(町)平家かぶら香住[町]ハナメゴチ田中河内介香美[町]はまかぜナガガジ山口素絢

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香住の関連情報