コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静嘉堂文庫 せいかどうぶんこ

7件 の用語解説(静嘉堂文庫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静嘉堂文庫
せいかどうぶんこ

岩崎財閥が東京都世田谷区に創設した和漢古書専門の図書館。明治の中期に岩崎弥之助が着手し,その遺志を受けて子の小弥太が 1924年に建設した。第2次世界大戦後は国立国会図書館の支部図書館として運営されていたが,70年また財団に復した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

静嘉堂文庫

東京都世田谷区岡本2の23の1。美術館リニューアルオープン展第1弾「金銀の系譜」は12月23日まで。第2弾「茶の湯の美、煎茶の美」は来年1月23日~3月21日。第3弾「よみがえる仏の美」は4月23日~6月5日。月曜休館。大人1千円、大学高校生700円。03・3700・0007。 <イラスト べつやく・れい>

(2015-11-20 朝日新聞 朝刊 東京B・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいかどう‐ぶんこ〔セイカダウ‐〕【静嘉堂文庫】

東京都世田谷区にある図書館。岩崎弥之助小弥太父子2代の収集による蔵書からなる。中国、清末の蔵書家、陸心源の旧蔵書の漢籍を中心に、和書にも珍籍が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

静嘉堂文庫【せいかどうぶんこ】

岩崎小弥太の創立した文庫。1893年ころから公開。現在地は東京都世田谷区。和漢の古書約20万冊を所蔵,うち12万冊は漢籍で,なかでも清末の学者陸心源の旧蔵書約5万冊は著名。
→関連項目宅磨栄賀

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいかどうぶんこ【静嘉堂文庫】

三菱の岩崎小弥太が設立し,現在は東京都世田谷区に所在する文庫で,和漢の貴重な典籍,絵画,彫刻,工芸品など多数収蔵する。父の弥之助の蔵書をもとに,初めは神田駿河台の岩崎邸の一角に開館し,重野安繹(しげのやすつぐ)に収集・管理を任せて和漢の書を集め,また1894年青木信寅の古写本を中心とする和書蔵書240部1033冊をはじめとして,一括購入も併せ行った。中村正直(敬宇)の漢籍など1562部1万3181冊,色川三中(みなか)(1802‐55)の国文学関係の和書1374部4939冊,竹添進一郎(光鴻)の漢籍515部7204冊,松井簡治の〈松井文庫〉(国語国文学関係の和書5902部1万7016冊),諸橋轍次の〈百国春秋楼書(ろうしよ)〉(春秋学関係書に特色のある漢籍174部1200冊)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいかどうぶんこ【静嘉堂文庫】

東京都世田谷区にある和漢書の図書館。財団法人。岩崎弥之助・小弥太父子によって建設。陸心源の旧蔵書ほか和漢の稀書・珍籍を含め、漢籍約一二万冊、和書約八万冊を収蔵。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静嘉堂文庫
せいかどうぶんこ

岩崎弥之助(やのすけ)(弥太郎(やたろう)の弟)、および嗣子(しし)小弥太(こやた)によって集められた和漢書約20万冊よりなる文庫。重野安繹(しげのやすつぐ)に集書と管理を委嘱し、1894年(明治27)ころより集書を開始、1940年(昭和15)財団法人静嘉堂に寄付、48年(昭和23)国立国会図書館の支部図書館となり、70年法人に戻る。国学者や漢学者などの旧蔵書が一括架蔵されており、国文方面では田中頼庸(よりつね)旧蔵書約4000冊、色川三中(いろかわみなか)旧蔵書約5000冊、松井簡治(かんじ)旧蔵書約1万7000冊、漢籍では中村敬宇(けいう)(正直(まさなお))旧蔵書約1万3000冊、竹添井井(たけぞえせいせい)(進一郎)旧蔵書約7000冊、清(しん)末の蔵書家陸心源(りくしんげん)旧蔵書約4万冊などを含む。なお、日本・中国の古美術品多数を所蔵展示。東京都世田谷(せたがや)区岡本に所在する。[橋本政宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の静嘉堂文庫の言及

【コレクション】より

…尾形光琳《燕子花図(かきつばたず)屛風》,名物茶入〈松屋肩衝〉はじめ4000点に及ぶコレクションは,没後東京青山に設立された根津美術館に収蔵された。岩崎弥之助(1851‐1909),小弥太(1879‐1945)は三菱の2代,3代総帥であったが,東洋古陶磁,古画を中心に集め,国宝〈曜変天目茶碗〉や《源氏物語図屛風》(宗達筆)に代表される質の高いコレクションを築き,今日では東京世田谷の静嘉堂文庫に所蔵されている。このほか関西の実業家でも,大阪の藤田伝三郎(1841‐1912),平太郎による《紫式部日記絵巻》や〈曜変天目茶碗〉など古書画,茶道具を中心とする収集(現,藤田美術館),兵庫の酒造家,嘉納治兵衛(1862‐1951)による中国古銅器,古陶磁を主体とする収集(現,白鶴美術館)などが知られる。…

※「静嘉堂文庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

静嘉堂文庫の関連キーワード江原小弥太岩崎岩崎小弥太静嘉堂文庫美術館ニコン[株]東京都世田谷区瀬田東京都世田谷区野毛岩崎久弥田中完三岩橋小弥太

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

静嘉堂文庫の関連情報