山喜多 二郎太(読み)ヤマキタ ジロウタ

20世紀日本人名事典の解説

山喜多 二郎太
ヤマキタ ジロウタ

大正・昭和期の洋画家



生年
明治30(1897)年1月5日

没年
昭和40(1965)年5月24日

出生地
福岡県直方市

学歴〔年〕
東京美術学校〔大正9年〕卒

主な受賞名〔年〕
帝展特選(第15回)〔昭和9年〕「二人の女」

経歴
藤島武二教室に学び、日本画家寺崎広業にも師事。大正9年帝展入選以来、帝展、文展に出品、また辻永らの光風会に参加、昭和9年会員。戦後は日展に出品。33年社団法人日展が発足し、評議員。晩年は水墨画にひかれ、尾張妙興寺本堂の天井に油彩「蟠童」を描いた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android