山国淳一郎(読み)やまぐに じゅんいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山国淳一郎 やまぐに-じゅんいちろう

1814-1865 幕末の武士。
文化11年生まれ。山国兵部長男常陸(ひたち)水戸士。尊攘(そんじょう)派。元治(げんじ)元年の藩の内紛松平頼徳(よりのり)にしたがい,幕府・保守派連合軍とたたかう。頼徳降伏後は父とともに天狗(てんぐ)党にくわわり,京都へむかう途中で金沢藩に降伏,元治2年2月4日処刑された。52歳。名は共惟(ともただ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android