コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山家公頼 やんべ きんより

1件 の用語解説(山家公頼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山家公頼 やんべ-きんより

1579-1620 江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)7年生まれ。伊達政宗の家臣だったが政宗の長男秀宗(ひでむね)が伊予(愛媛県)宇和島に封ぜられた際,家老として随行。藩主をよく補佐したが,反対派の讒言(ざんげん)により元和(げんな)6年6月30日暗殺された。42歳。のち公頼の怨霊をしずめるため山頼和霊(やまよりわれい)社が建立(こんりゅう)された。出羽(でわ)米沢(山形県)出身。通称は清兵衛。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山家公頼の関連キーワード十三陵松平信康バレト阿茶局山家清兵衛桂離宮鈴木正三遠州流(茶道)万暦帝プリマス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone