山崎 省三(読み)ヤマザキ ショウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の洋画家



生年
明治29(1896)年3月6日

没年
昭和20(1945)年6月7日

出生地
神奈川県横須賀市

出身地
新潟県

経歴
幼時に父を失い、新潟の母の実家で育つ。明治41年北海道に移住、大正4年上京し、日本美術院研究所に入り、小杉未醒山本鼎師事。5年院展に「午砲火薬庫」「北陸砂丘」で初入選。村山槐多、今関啓司と共に美術院研究生の三銃士と称された。7年院展試作展で奨励賞金賞、8年同試作展で奨励賞甲賞となるが、9年院展を脱退、11年春陽会創立会員。昭和4年より約1年間滞欧、10年春陽会を退き、12年より新文展に出品する。山本鼎らと自由画教育、農民美術運動の指導者として活動し、道展や太池社(小樽)の創立に参加するなど美術の普及に貢献。夭折した村山槐多の「槐多の歌へる」「槐多画集」の編集にもあたった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android