コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

午砲 ゴホウ

3件 の用語解説(午砲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐ほう〔‐ハウ〕【午砲】

正午を知らせる合図の大砲。東京では明治4年(1871)に始まり、昭和4年(1929)にサイレンに代わるまで用いられた。その音から「どん」と俗称された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

午砲
ごほう

正午を知らせる号砲。兵部省で計画され、1871年(明治4)9月2日から、皇居内に正午所を設けて近衛(このえ)砲兵が空砲を放った。その音声により「ドン」と俗称されて一般に親しまれ、東京以外の仙台、名古屋、大阪、熊本その他の師団司令部でも行われたが、軍備縮小により1922年(大正11)9月15日限りで廃止された。午砲にかわるものとして、1929年(昭和4)からサイレンが登場した。[佐藤農人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

午砲の関連情報