コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

午砲 ゴホウ

デジタル大辞泉の解説

ご‐ほう〔‐ハウ〕【午砲】

正午を知らせる合図大砲。東京では明治4年(1871)に始まり、昭和4年(1929)にサイレンに代わるまで用いられた。その音から「どん」と俗称された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごほう【午砲】

正午を知らせる号砲。どん。1871年(明治4)以降1922年(大正11)まで行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

午砲
ごほう

正午を知らせる号砲兵部省で計画され、1871年(明治4)9月2日から、皇居内に正午所を設けて近衛(このえ)砲兵が空砲を放った。その音声により「ドン」と俗称されて一般に親しまれ、東京以外の仙台、名古屋、大阪、熊本その他の師団司令部でも行われたが、軍備縮小により1922年(大正11)9月15日限りで廃止された。午砲にかわるものとして、1929年(昭和4)からサイレンが登場した。[佐藤農人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

午砲の関連キーワード互・五・伍・午・吾・呉・娯・後・御・悟・期・梧・碁・語・誤・護シグナルヒル時(とき)山崎 省三山崎省三報時

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android