コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

午砲 ゴホウ

3件 の用語解説(午砲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐ほう〔‐ハウ〕【午砲】

正午を知らせる合図の大砲。東京では明治4年(1871)に始まり、昭和4年(1929)にサイレンに代わるまで用いられた。その音から「どん」と俗称された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごほう【午砲】

正午を知らせる号砲。どん。1871年(明治4)以降1922年(大正11)まで行われた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

午砲
ごほう

正午を知らせる号砲。兵部省で計画され、1871年(明治4)9月2日から、皇居内に正午所を設けて近衛(このえ)砲兵が空砲を放った。その音声により「ドン」と俗称されて一般に親しまれ、東京以外の仙台、名古屋、大阪、熊本その他の師団司令部でも行われたが、軍備縮小により1922年(大正11)9月15日限りで廃止された。午砲にかわるものとして、1929年(昭和4)からサイレンが登場した。[佐藤農人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

午砲の関連キーワード時報思い知らせる挙隅午後知らせ告げ知らせる虫が知らせるヤッホー合図赤ランプが点る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

午砲の関連情報