コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山槐多 むらやまかいた

8件 の用語解説(村山槐多の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村山槐多
むらやまかいた

[生]1896.9.15. 横浜
[没]1919.2.20. 東京
画家,詩人。幼時を京都で過し,京都府立第一中学校卒業。従兄の山本鼎の感化を受けて画家を志し,1913年上京,小杉放庵の家に寄寓して日本美術院研究所に学んだ。中学時代からボードレールらに親しみ,また前衛的な水彩画などを描いたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むらやま‐かいた〔‐クワイタ〕【村山槐多】

[1896~1919]洋画家・詩人。神奈川の生まれ。フォービスムの影響の強い画風で注目されたが、放浪中に夭折(ようせつ)。遺稿集「槐多の歌へる」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

村山槐多【むらやまかいた】

詩人,画家。横浜市生れ。中学時代から詩作にふけったが,のちいとこ山本鼎の影響で画家を志し日本美術院の研究所に学んだ。院展洋画部を舞台に《湖水と女》《乞食と女》等フォービスム風の作品を発表,異色作家として注目されたが,結核のため夭逝。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山槐多 むらやま-かいた

1896-1919 大正時代の洋画家,詩人。
明治29年9月15日生まれ。従兄の山本鼎(かなえ)に影響され,絵画,詩に早熟の才能を発揮した。大正3年日本美術院研究生となり,院展で受賞をかさねたが早世。代表作は「湖水と女」,遺稿集に「槐多の歌へる」。大正8年2月20日死去。24歳。神奈川県出身。京都府立第一中学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

村山槐多

没年:大正8.2.20(1919)
生年:明治29.9.15(1896)
大正期の洋画家,詩人。横浜市生まれ。明治42(1909)年京都府立第一中学校に入学,ポーやボードレールなどを耽読し,翌年には従兄の洋画家山本鼎 に強い影響を受けた。在学中に回覧誌『青色廃園』などを発行,濁水,石槐と号し詩,小説,戯曲を書き,また表紙絵,素描を描き早熟な才能を示した。大正3(1914)年上京し小杉未醒宅に寄寓,画家を志す。二科展,院展洋画部に制作発表し,6年日本美術院院友に推された。初期の水彩画から独自の色調とフォービスムを基調とした鋭い表現力を示し,関根正二と共に大正洋画界の異才とされる。作品に「湖水と女」,「バラと少女」(東京国立近代美術館蔵)など。遺稿に詩集『槐多の歌へる』など。

(三輪英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むらやまかいた【村山槐多】

1896‐1919(明治29‐大正8)
洋画家,詩人。横浜に生まれ,1914年京都府立一中卒業後上京,小杉放庵宅に寄寓して日本美術院研究所に洋画を学ぶ。中学時代,文芸・詩作にふけり,従兄の洋画家山本鼎の影響をうけた。二科展,院展に出品,フォービスムを基調とする青春の哀感を表現したが,結核のため東京で夭逝。代表作《湖水の女》(1917)。没後,詩集《槐多の歌へる》(1920),《槐多の歌へる其後及び槐多の話》(1921),《槐多詩集》(1951)が刊行された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むらやまかいた【村山槐多】

1896~1919) 洋画家・詩人。横浜市生まれ。従兄山本鼎かなえの影響を受ける。小杉放庵宅に寄寓。失恋と放浪の中で絵や詩をかき、夭折ようせつした。詩集「槐多の歌へる」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村山槐多
むらやまかいた
(1896―1919)

洋画家、詩人。明治29年9月15日、横浜市に生まれる。高知を経て4歳で京都へ一家と移り、府立第一中学校時代に従兄(いとこ)の山本鼎(かなえ)の強い感化を受け、回覧雑誌を発行し、文学と美術に早熟の異才を発揮する。1914年(大正3)中学を卒業して上京、小杉未醒(みせい)(放庵(ほうあん))の勧めで再興日本美術院洋画部の研究生になるほか、第1回二科展に『庭園の少女』(水彩)ほかを出品。翌年第2回日本美術院展覧会に『カンナと少女』(水彩)を出品、院賞を受賞した。17年日本美術院試作展覧会で『湖水と女』(油彩)、素描『コスチュームの娘』により奨励賞を受け、院友となる。また小説、詩を書き、失恋、放浪し、デカダン生活のなかで肺結核を病む。19年院試作展に『松と榎(えのき)』(油彩)ほかを出品し、美術院賞乙賞を受けたのち、2月20日満22歳で没。詩集『槐多の歌へる』が没後刊行(1928)された。[小倉忠夫]
『山本太郎編『村山槐多全集』全一巻(1976・弥生書房) ▽『村山槐多全画集』(1983・朝日新聞社) ▽草野心平著『村山槐多』(1976・日動出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村山槐多の関連キーワード黒田重太郎油谷達有馬三斗枝石原白道岡本帰一織田東禹中川八郎油井夫山吉田ふじを渡辺与平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

村山槐多の関連情報