コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎松濤 やまざき しょうとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎松濤 やまざき-しょうとう

1838-1883 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)9年生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)の郷校(ごうこう)育英書院でまなび,私塾九思堂をひらく。明治7年横手小学校教員となる。明治16年7月死去。46歳。名は忠孝。通称は十右衛門。著作に「史記私考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山崎松濤の関連キーワード桜田門外の変/参加者一覧メチニコフAEGパーマーシジウィックセテワヨ日本の医学史(年表)アルマン条約ガルシンサンフランシスコ・ジャイアンツ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone