山崎 今朝弥(読み)ヤマザキ ケサヤ

20世紀日本人名事典の解説

山崎 今朝弥
ヤマザキ ケサヤ

明治〜昭和期の弁護士,評論家



生年
明治10(1877)年9月15日

没年
昭和29(1954)年7月29日

出生地
長野県

別名
筆名=岡 陽之助

学歴〔年〕
明治法律学校(現・明治大学)〔明治34年〕卒

経歴
明治34年に司法試験に合格したが、36年に渡米し、幸徳秋水らと知り合う。40年帰国して弁護士を開業、片山潜、堺利彦らと交際しながら個人誌「平民法律」を創刊し、平民大学を創設するなど社会主義の宣伝、教育にあたる。大正9年堺利彦、大杉栄らと日本社会主義同盟を結成したあと、自由法曹団日本フェビアン協会、日本労働総連合などの結成・創立に参加し、日本労農党、日本大衆党、全国労農大衆党、社会大衆党などの役員や顧問を歴任する。一方、荒畑寒村、山川均らの事件など数多くの争議の弁護士を引き受けた。戦後は昭和23年の三鷹事件松川事件弁護人として活躍、また全国借家人同盟の名誉会長を務めている。著書に「弁護士大安売」「地震、憲法、火事、巡査」「日本社会運動史」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

山崎 今朝弥 (やまざき けさや)

生年月日:1877年9月15日
明治時代-昭和時代の弁護士
1954年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android