コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本昌代 やまもと まさよ

1件 の用語解説(山本昌代の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本昌代 やまもと-まさよ

1960- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和35年8月18日生まれ。昭和58年葛飾(かつしか)北斎の娘応為(おおい)をえがいた「応為坦坦録」で文芸賞。以後時代小説をかく一方,現代ものも発表する。平成7年「緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道」で三島由紀夫賞神奈川県出身。津田塾大中退。作品はほかに「文七殺し」「居酒屋ゆうれい」「ウィスキーボンボン」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本昌代の関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターR.E.M.

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone