山本昌代(読み)やまもと まさよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本昌代 やまもと-まさよ

1960- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和35年8月18日生まれ。昭和58年葛飾(かつしか)北斎の娘応為(おおい)をえがいた「応為坦坦録」で文芸賞。以後時代小説をかく一方,現代ものも発表する。平成7年「緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道」で三島由紀夫賞。神奈川県出身。津田塾大中退。作品はほかに「文七殺し」「居酒屋ゆうれい」「ウィスキーボンボン」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android