コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久米桂一郎 くめけいいちろう

6件 の用語解説(久米桂一郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久米桂一郎
くめけいいちろう

[生]慶応2(1866).8.8. 佐賀
[没]1934.7.27. 東京
洋画家。 1884年から工部美術学校出身の藤雅三に洋画の手ほどきを受け,86年に渡仏して R.コランに師事。同地で黒田清輝と知合い,終生変らぬ親交を重ねた。 93年に帰国,翌年黒田とともに天真道場を創立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くめ‐けいいちろう〔‐ケイイチラウ〕【久米桂一郎】

[1866~1934]洋画家。佐賀の生まれ。フランスに渡り、黒田清輝とともにラファエルコランに師事。帰国後、天真道場を興し、白馬会創立に参加、明るい外光派的画風で活躍。教育家・美術行政家としても知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

久米桂一郎【くめけいいちろう】

洋画家。佐賀の人。久米邦武の子。1886年渡仏してR.コランに師事,黒田清輝を知る。帰国後山本芳翠の生巧館画塾を譲り受けて黒田とともに天真道場を開設。また白馬会を創立,さらに美術学校教授となるなど,美術行政家,教育家として活躍。
→関連項目印象主義岡田三郎助明治美術会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久米桂一郎 くめ-けいいちろう

1866-1934 明治-昭和時代前期の洋画家。
慶応2年8月8日生まれ。久米邦武(くにたけ)の長男。明治19年フランスに留学,黒田清輝(せいき)とともにラファエル=コランに印象派風の外光表現をまなぶ。26年帰国,29年白馬会を結成。31年東京美術学校(現東京芸大)教授。のち美術行政,美術教育にたずさわった。昭和9年7月27日死去。69歳。肥前佐賀出身。作品に「林檎拾(りんごひろい)」「晩秋」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

くめけいいちろう【久米桂一郎】

1866~1934) 洋画家。佐賀県生まれ。パリ留学後、黒田清輝とともに天真道場さらに白馬会を結成し、明治の美術界に新風を吹き込んだ。のち画業を離れ、美術教育および行政に活躍した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久米桂一郎
くめけいいちろう
(1866―1934)

洋画家。佐賀の生まれ。邦武(くにたけ)の長子。初め藤雅三(ふじまさぞう)に洋画を学び、1886年(明治19)渡仏して外光派のラファエル・コランに黒田清輝(せいき)とともに師事。帰国の翌年(1894)黒田と天真道場を開き、96年東京美術学校に新設された西洋画科では、黒田の実技指導に対して美術解剖学、考古学を講じたが、しだいに制作からは遠ざかった。文展審査員、帝国美術院幹事(1922~31)のほか、各国の万国博覧会用務での外国出張も多く、美術行政家、教育家としての貢献が大きかった。東京都品川区に、父邦武の作品もあわせ収める久米美術館がある。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の久米桂一郎の言及

【印象主義】より

…外国においてはヨーロッパの内外を問わず,広く印象主義を吸収する動きがあり,それぞれの国の美術の特質に従ってさまざまに翻訳された。後期印象派新印象主義【馬渕 明子】
[印象主義と日本の近代美術]
 日本における印象主義の導入は,1893年(明治26),黒田清輝,久米桂一郎(1866‐1934)がフランスから帰国して画壇に新風をもたらしたことに始まる。黒田の渡仏は1884年,久米は86年で,後者の渡仏年に印象派グループの最後の展覧会が開かれた。…

【黒田清輝】より

…滞仏末期の90‐92年,パリ郊外のグレー村に滞在し,《読書》《婦人像(厨房)》などを制作,93年パリの春のサロンに《朝妝(ちようしよう)》(焼失)を発表し帰国した。96年,滞仏時代からの僚友久米桂一郎(1866‐1934)や周辺に参集した若い画家たちとともに白馬会を結成,同年東京美術学校西洋画科新設のときその指導を委嘱され,98年教授に就任した。コランに学んだ画風はフランス・アカデミスムと印象派的表現を折衷したもので外光派とよばれ,既存の明治美術会系の硬化した写実主義的作風と対立し,旧派に対して新派,陰影部の描写法から脂(やに)派に対して紫派ともよばれた。…

【コラン】より

…1902年パリのエコール・デ・ボザール(国立美術学校)教授となり,09年にはフランス学士院会員に任命されたが,第1次大戦中にノルマンディーで死去した。《花月》が機縁となって,滞仏中の日本の画家藤雅三,黒田清輝,久米桂一郎(1866‐1934)などを指導,彼らをとおしてその外光描写の作風(外光派)は明治中期以降の日本洋画に大きな影響を与えた。【陰里 鉄郎】。…

【明治・大正時代美術】より

… ブーグロー,カバネルのアカデミストにつき,バスティアン・ルパージュの外光描写をとり入れた折衷様式の画家R.コランが黒田の師であった。黒田は帰国後,久米桂一郎(1866‐1934)と天真道場を設立し,外光派の明るい写実主義の画風と,フランス・アカデミズムの基礎技術を伝え,96年にはようやく東京美術学校に増設された西洋画科の主任教授となる(助教授は岡田三郎助,藤島武二)。また明治美術会を脱し,フランスの明るく自由な画家社会を理想とする新しい絵画団体白馬会を結成,主宰する。…

※「久米桂一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

久米桂一郎の関連キーワード合田平佐々木清麿清家吉次郎田中譲津山英吉西田恒夫西野藤助橋本文雄(1)松田清一三浦第二郎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久米桂一郎の関連情報