山本省三(読み)やまもと しょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本省三 やまもと-しょうぞう

1845-1904 明治時代の農民運動家。
弘化(こうか)2年7月26日生まれ。明治6年地租改正事業実施に際して,岡山県児島郡23ヵ村の地租改正惣代となる。地価算定基礎となる収穫量の見積もりの算定をめぐり政府案と対立,抵抗したが,敗れた。明治37年3月21日死去。60歳。備前(岡山県)出身

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山本省三の関連情報