山本道子(読み)ヤマモトミチコ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本道子 やまもと-みちこ

1936- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和11年12月4日生まれ。詩誌「歴程」同人。結婚し,3年間夫の勤務地オーストラリアにすむ。小説に転じ,昭和48年海外駐在員の妻の焦燥感をえがいた「ベティさんの庭」で芥川賞。60年「ひとの樹」で女流文学賞,平成5年「喪服の子」で泉鏡花文学賞。東京出身。跡見学園短大卒。本名は古屋道子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山本道子の関連情報