山村春雅(読み)やまむら しゅんが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山村春雅 やまむら-しゅんが

1884-1960 明治-昭和時代の日本舞踊家。
明治17年6月12日生まれ。幼少より三味線をならい,歌舞伎役者巡業にくわわる。9歳より広島で芸者山村春雄に山村流地唄舞をまなぶ。高知に帰郷後,18歳で名取となり,山村流をひろめた。杵屋勝春の名で三味線もおしえた。昭和35年1月17日死去。75歳。本名は浅野善。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android