コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山東直砥 さんとう なおと

1件 の用語解説(山東直砥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山東直砥 さんとう-なおと

1840-1904 幕末-明治時代の教育者。
天保(てんぽう)11年2月7日生まれ。もと高野山の僧。河野鉄兜(てっとう)に師事し,大坂にでて松本奎堂(けいどう)の双松岡塾にまなぶ。明治元年箱館府権判府事となる。のち東京で育英事業の北門社を創設した。明治37年2月14日死去。65歳。紀伊(きい)和歌山出身。本姓は栗栖。通称は一郎。号は三栗。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山東直砥の関連キーワードアヘン戦争解析変成作用熱雲東欧演劇アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香西部開拓史藤間流

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone