コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗栖 くるす

世界大百科事典 第2版の解説

くるす【栗栖】

一般には栗の木の多く生えている地をいう。《播磨国風土記》に,揖保郡栗栖里について〈難波の高津の宮の天皇,勅して刊れる栗の子を若倭部連池子に賜ひき。即ち将ち退り来て此の村に殖ゑ生ほしき。故,栗栖と号く〉とある。山城国綴喜郡田原御栗栖(みくるす),愛宕郡栗栖野,宇治郡小栗栖(おくるす),丹波御栖(みくるす),大和国忍海郡栗栖,紀伊国牟婁郡栗栖,同名草郡栗栖などがある。栗栖が歴史的に注意されるのは,それが天皇あるいは神社に対する栗の供御所として,御厨(みくりや)と同様の意味を持つものがあったからである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

栗栖の関連キーワード京都府綴喜郡宇治田原町南兵庫県たつの市新宮町千本ビーファイターカブト兵士シュベイクの冒険絞首台からのレポートニェムツォバー新宮(兵庫県)小栗栖の長兵衛西賀茂瓦窯址栗栖野瓦窯跡宮の前廃寺跡昭電疑獄事件戸河内[町]昭和電工事件7月21日山椒魚戦争高木 政勝栗栖平次郎栗栖野瓦屋日相(2)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栗栖の関連情報