栗栖(読み)くるす

世界大百科事典 第2版の解説

くるす【栗栖】

一般には栗の木の多く生えている地をいう。《播磨国風土記》に,揖保郡栗栖里について〈難波の高津の宮の天皇,勅して刊れる栗の子を若倭部連池子に賜ひき。即ち将ち退り来て此の村に殖ゑ生ほしき。故,栗栖と号く〉とある。山城国綴喜郡田原御栗栖(みくるす),愛宕郡栗栖野,宇治郡小栗栖(おくるす),丹波御栖(みくるす),大和国忍海郡栗栖,紀伊国牟婁郡栗栖,同名草郡栗栖などがある。栗栖が歴史的に注意されるのは,それが天皇あるいは神社に対する栗の供御所として,御厨(みくりや)と同様の意味を持つものがあったからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くる‐す【栗栖】

[1] 〘名〙 栗の木が多くはえている土地。栗林
皇太神宮儀式帳(804)「亦御栗栖二町。在伊賀郡
[2] (栗の木が多いところから)
[一] 近江国地名。現在の大津市膳所付近にあたる。
[二] 播磨国の地名。現在の兵庫県揖保郡新宮町西北部にあたる。
[三] 大和国の地名。現在の奈良県御所市葛城市の付近にあたる。
[四] 紀伊国の地名。現在の和歌山県田辺市中辺路町近辺にあたる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栗栖の関連情報