コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山枇杷 ヤマビワ

デジタル大辞泉の解説

やま‐びわ〔‐ビハ〕【山××杷】

アワブキ科の常緑小高木。暖地山林に生え、葉はビワに似て長楕円形で先がとがる。夏、白い小花を円錐状につける。実は丸くて小さい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまびわ【山枇杷】

アワブキ科の常緑小低木。暖地の山中に自生。全体に黄褐色の綿毛がある。葉はビワに似る。六月頃、ごく小さい白色の花を円錐花序に多数つける。果実は球形で赤く熟す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android