山田いち(読み)やまだ いち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田いち やまだ-いち

1863-1938 明治-大正時代の新品種発見者。
文久3年生まれ。埼玉県木崎村(浦和市)の畳職の妻。兼業農家で,明治31年皮が鮮紅色のサツマイモの新品種を発見する。これを親戚の吉岡三喜蔵が試作し,紅赤(べにあか)と名づけて普及につとめた。昭和13年3月24日死去。76歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山田いち

没年:昭和13.3.24(1938)
生年:文久3(1863)
武蔵国足立郡針ケ谷村(浦和市)の兼業農家の主婦。明治後半から昭和にかけての関東の青果用甘藷の花形品種「紅赤」(東京では「金時」という)の発見者。明治31(1898)年秋,「八房」種の収穫中に皮が鮮紅色の芋を発見。親類で同村の篤農・種苗家吉岡三喜蔵が八房の突然変異したこの美味な芋を「紅赤」と命名し普及に努めたので,関東を中心に広まって「西の源氏,東の紅赤」とうたわれた。しかし作りにくいため,昭和の後半から激減した。<参考文献>青木雅子『紅赤ものがたり』

(井上浩)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android