コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田信道 やまだ のぶみち

2件 の用語解説(山田信道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田信道 やまだ-のぶみち

1833-1900 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)4年11月3日生まれ。松田重助の弟。肥後熊本藩士。文久3年の八月十八日の政変にかかわり,5年間藩に拘禁される。維新後は判事などをへて福島県,大阪府,京都府の知事。第2次松方内閣の農商務相,会計検査院長をつとめた。明治33年3月11日死去。68歳。本姓は井原。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山田信道

没年:明治33.3.11(1900)
生年:天保4.11.3(1833.12.13)
幕末勤王の志士。明治時代の官僚。熊本城下に井原家の3男として生まれる。初め井原十郎と称す。池田屋において新選組に殺された肥後藩士松田重助は兄に当たる。肥後勤王党に属して肥薩の間を往復し,藩論一致のため努力。文久2(1862)年京都警備の内勅を受けて公子長岡護美に従い上京。翌年の8月18日の政変により,七卿と共に長州に下る。元治1(1864)年肥後藩により逮捕され5年間拘禁。明治2(1869)年召されて弾正大疏から弾正少忠に任ぜらる。3年江刺県(岩手県)権知事。4年広沢真臣参議暗殺嫌疑により同年3月免官位記返上を命ぜられ,下獄。6年解かれて司法省に出仕。司法権少判事から判事に進み,足柄県(神奈川県)などの裁判所に在勤。14年鳥取県令になり,その後福島,大阪,京都知事を歴任し,29年男爵に叙せられた。30年農商務大臣。31年会計検査院長となった。<参考文献>伊喜見謙吉編・改訂『肥後藩国事史料』,武藤厳男編『肥後先哲偉蹟』

(佐々博雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山田信道の関連キーワード近藤幸止天章横田順宣健仁寺梧庵勤王貞永庄右衛門甲斐九郎小林恒太郎村上義雄矢野勘三郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone