山田光徳(読み)やまだ みつのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田光徳 やまだ-みつのり

1639-1716 江戸時代前期-中期の剣術家。
寛永16年生まれ。長沼国郷(くにさと)の父。直心正統流を創始した高橋弾正左衛門にまなぶ。下野(しもつけ)(栃木県)烏山(からすやま)藩主永井直敬(なおひろ)につかえた。直心影流の祖。正徳(しょうとく)6年2月29日死去。78歳。下野出身。通称は平左衛門。号は一風斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android