山田光徳(読み)やまだ みつのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田光徳 やまだ-みつのり

1639-1716 江戸時代前期-中期の剣術家。
寛永16年生まれ。長沼国郷(くにさと)の父。直心正統流を創始した高橋弾正左衛門にまなぶ。下野(しもつけ)(栃木県)烏山(からすやま)藩主永井直敬(なおひろ)につかえた。直心影流の祖。正徳(しょうとく)6年2月29日死去。78歳。下野出身。通称は平左衛門。号は一風斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android