コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長沼国郷 ながぬま くにさと

1件 の用語解説(長沼国郷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長沼国郷 ながぬま-くにさと

1688-1767 江戸時代中期の剣術家。
元禄(げんろく)元年生まれ。山田光徳(みつのり)の3男。宝永5年直心影(じきしんかげ)流の家元を父からゆずられたが,家をつがずに江戸にでる。防具,竹刀(しない)を改良し,修行方法を形本位から実戦稽古(けいこ)にきりかえ,江戸西久保の道場は修行者が激増した。明和4年7月(一説に10月)24日死去。80歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。通称は四郎左衛門

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長沼国郷の関連キーワードマイソール戦争元禄川崎定孝古都アユタヤ曲亭馬琴浮世草子桂川甫筑直心影流Jamesメアリー[2世]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone