長沼国郷(読み)ながぬま くにさと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長沼国郷 ながぬま-くにさと

1688-1767 江戸時代中期の剣術家。
元禄(げんろく)元年生まれ。山田光徳(みつのり)の3男。宝永5年直心影(じきしんかげ)流の家元を父からゆずられたが,家をつがずに江戸にでる。防具,竹刀(しない)を改良し,修行方法を形本位から実戦稽古(けいこ)にきりかえ,江戸西久保の道場は修行者が激増した。明和4年7月(一説に10月)24日死去。80歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。通称は四郎左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android