コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田新川 やまだ しんせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田新川 やまだ-しんせん

1827-1905 江戸後期-明治時代の漢詩人。
文政10年8月17日生まれ。家は代々越中(富山県)の漢方医。家業をつがず詩作に専念し,加賀金沢藩の藩校明倫堂でおしえる。維新後は東京に出,漢詩の結社正葩(せいは)吟社を創立,主宰した。明治38年11月4日死去。79歳。名は長宣。字(あざな)は子昭。通称は東平。別号に太刀山人。作品に「太刀山房絶句鈔」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山田新川の関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)ロートシルトポベドノスツェフコンスタンチーン ポベドノスツェフカニング冬の旅ゴーブルブラック

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone