コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田省三郎 やまだ しょうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田省三郎 やまだ-しょうざぶろう

1843*-1916 明治時代の政治家。
天保(てんぽう)13年12月5日生まれ。若くして美濃(みの)加納輪中(わじゅう)佐波村(岐阜県柳津町)の庄屋をつとめる。明治12年岐阜県会議員となり,脇坂文助らと治水共同社を結成,さらに金原明善(きんぱら-めいぜん)らと大日本治水協会を設立,木曾三川の改修工事をすすめた。35年衆議院議員(当選3回,大同倶楽部(クラブ))。大正5年3月8日死去。75歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山田省三郎の関連キーワード片野万右衛門明治時代天保

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android