コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田重忠 やまだ しげただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田重忠 やまだ-しげただ

?-1221 鎌倉時代の武将。
後鳥羽(ごとば)上皇につかえ,承久(じょうきゅう)の乱では子の山田重継(しげつぐ)とともに幕府軍とたたかう。美濃(みの)で敗れたのち京都にのがれ,承久3年6月15日嵯峨野(さがの)で自刃(じじん)した。尾張(おわり)(愛知県)出身。初名は重広。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山田重忠

没年:承久3.6.15(1221.7.6)
生年:生年不詳
鎌倉前期の武将。清和源氏の源満政の子孫。一族は美濃,尾張に広く分布し力を持った。父の重満は養和1(1181)年,源行家と共に墨俣川で平家と戦い討死している。また近親者の重隆は美濃国の公領の侵害を企てた咎で,建久1(1190)年に常陸国に配流された。これは美濃源氏の勢力を削ぐための,鎌倉幕府による陰謀であったらしい。重忠は尾張国山田郡に住し,後鳥羽上皇に仕えた。承久の乱(1221)では京方につき,美濃国杭瀬川,近江国勢多に奮戦するが敗北。北条義時追討宣旨を撤回する上皇を激しく非難し,子重継と共に嵯峨に退去。同地で自害した。重継も捕らえられ斬られたが,このとき31歳だったという。<参考文献>『愛知県史』別巻

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

山田重忠の関連キーワード安東忠家一条信能鏡久綱糟屋有久加藤景廉五条有範後藤基清惟明親王佐々木経高佐々木広綱

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android