山県登(読み)やまがた のぼる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山県登 やまがた-のぼる

1920-1986 昭和時代後期の化学者。
大正9年3月9日生まれ。群馬大教授をへて昭和37年国立公衆衛生院放射線衛生学部長。放射性降下物中のセシウムの分析で知られ,放射線審議会などの委員をつとめた。昭和61年5月4日旅行先のチベット客死。66歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「微量元素―環境科学特論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android