コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山科長安 やましな ちょうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山科長安 やましな-ちょうあん

1642-1688 江戸時代前期の医師。
寛永19年11月生まれ。山科広安の養父。京都の人。小児科医をつぎ法眼となる。序文をよせた「日本古今人物史」が幕府のとがめをうけ,著者の宇都宮遯庵(とんあん)とともに京都追放。のちゆるされ,加賀金沢藩につかえた。貞享(じょうきょう)5年4月29日死去。47歳。名は元信。字(あざな)は申孚。号は求仁斎,菊渓子。著作に「幼科保寿口訣」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山科長安の関連キーワード井原西鶴元禄落語コルネイユサン=マールシャンメレ蔵巴汗レンブラントガリレイピューリタン革命

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android