山紫蘇(読み)ヤマジソ

大辞林 第三版の解説

やまじそ【山紫蘇】

シソ科の一年草。日当たりの良い草地に生える。茎は高さ約30センチメートルで、帯紫色。葉は卵形。秋、葉腋ようえきに淡紅色の短い花穂をつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山紫蘇 (ヤマジソ)

学名:Mosla japonica
植物。シソ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やま‐じそ【山紫蘇】

〘名〙 シソ科の一年草。各地の山野に生える。高さ約三〇センチメートルになる。茎は紫色を帯び短い軟毛と油腺点とを密生する。葉は柄をもち対生、葉身は長さ一~三センチメートルの卵形で縁に鋸歯(きょし)がある。夏から秋にかけ、枝先に淡紅紫色の唇形花を穂状につける。チモールを含み全体に香気がある。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android