コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山脇和泉(7代) やまわき・いずみ

1件 の用語解説(山脇和泉(7代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

山脇和泉(7代)

没年:万治2.2.4(1659.3.26)
生年:生年不詳
江戸前期の狂言師。名は元宜。父は鳥飼和泉守元光。初めは主に禁裏に出仕していたが,慶長19(1614)年に尾張藩に京都住のまま召し抱えられる。藩主徳川義直の愛顧を受け,翌年には大坂夏の陣にも供として従軍。その一方で禁裏御用にも励み,寛永8(1631)年大曲の「花子」を勤めて和泉守の受領号を受ける。同19年に家督を養子元永に譲るも,正保2(1645)年に元永の早世によって再勤。承応2(1653)年に孫の元信に相続させて隠居した。隠居名道仙。この代に三宅藤九郎,野村又三郎両家を傘下に収めて実質的な和泉流の創始者となり,「禁裏の狂言」であることに誇りを持ち続けた。<参考文献>小林責『狂言史研究』

(石井倫子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山脇和泉(7代)の関連キーワード大蔵虎武山口蓼洲和泉流狂言方わらんべ草御狂言師狂言扇狂言師鳥飼宗嘯山脇和泉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone