コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥飼 とりかい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥飼
とりかい

大阪府のほぼ中央部、摂津(せっつ)市の一地区。旧鳥飼村。淀(よど)川と安威(あい)川に挟まれた低地で、右馬寮鳥飼牧址(うめりょうとりかいまきあと)の石碑があるように、古代は牧野であった。宇多(うだ)天皇の離宮も置かれていたようである。1954年(昭和29)淀川に日本最初の有料橋鳥飼大橋(全長547メートル、1964年無料開放)が架けられ、1987年には少し上流に鳥飼仁和寺(にわじ)大橋(全長688メートル)が完成した。近畿自動車道摂津南インターチェンジと新幹線鳥飼基地がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鳥飼の関連キーワード兵庫県洲本市五色町鳥飼中福岡県福岡市中央区今川碁打ち鳥飼い馬鹿の中大阪府摂津市鳥飼下大阪府摂津市鳥飼上栗崎道有(2代)青年タイアップ五色(旧町名)おんなのいえ大阪府摂津市久留米[市]石清水八幡宮城南[区]牛島 謹爾金子堅太郎五色[町]小川 トク山崎エリイ吟香 鳥飼摂津(市)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥飼の関連情報