山茶花究(読み)さざんか きゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山茶花究 さざんか-きゅう

1914-1971 昭和時代の俳優。
大正3年4月1日生まれ。昭和7年浅草で歌手としてデビュー。あきれたぼういずでボードビリアンとして活躍。21年「聟入り豪華船」で映画デビュー。映画「夫婦善哉」「用心棒」やミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」,NHK大河ドラマ「太閤記」などで脇役をつとめた。昭和46年3月4日死去。56歳。大阪出身。神戸工業卒。本名は末広峰夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山茶花究の言及

【軽演劇】より

…37年に日中戦争が起きて以来,戦時色は日ごとに強まり,やがて41年には太平洋戦争に突入する。そんな中で,ロッパは,37年に渡辺篤,若手として森繁久弥(1913‐ ),山茶花究(さざんかきゆう)を入れ,座付作者の菊田一夫と組んで,《道修町(どしようまち)》《花咲く港》といった〈当時の風潮に従うようにみえて,実は一種の抵抗である芝居をやってのけた〉(小林信彦による)。一方,エノケンは,十八番の《法界坊》《らくだの馬さん》などで人気を博したが,彼の片腕ともいうべき座付作者,菊谷栄の戦死によって,しだいにバイタリティを失っていった。…

※「山茶花究」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android