没入(読み)ぼつにゅう

精選版 日本国語大辞典「没入」の解説

ぼつ‐にゅう ‥ニフ【没入】

① おちこむこと。沈みこむこと。また、流れ込むこと。〔布令字弁(1868‐72)〕
(1911)〈徳田秋声〉二四「是迄人生問題に入したことのなかった先生は」
※史記抄(1477)一七「長公主乃令衣食賜へば吏が没入するほどにぞ」 〔史記‐侫幸伝・鄧通〕

もつ‐にゅう ‥ニフ【没入】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「没入」の解説

ぼつ‐にゅう〔‐ニフ〕【没入】

[名](スル)
沈み入ること。もつにゅう。「水中に没入する」
一つのことに心を打ち込むこと。没頭。もつにゅう。「仕事に没入する」
官府に取り上げること。没収。もつにゅう。
[類語]打ち込む専念専心没頭傾注没我熱中夢中熱心鋭意無我夢中背水の陣緊褌きんこん一番凝る耽る浸る骨折る骨を折る根を詰める目の色を変える心血を注ぐ手を尽くす身を投ずる身を挺する体を張る明け暮れるひたすらいちずひたむき一筋ただただただ専一ひとえに一心一念一路一散一目散一直線一本槍一点張り一辺倒一意専心営営せっせ遮二無二無二無三がむしゃら一心不乱脇目も振らずまっしぐらしゃかりきしゃにむに無心粉骨砕身直線的傾倒猪突猛進ストレート我を忘れる身を入れる身を砕く

もつ‐にゅう〔‐ニフ〕【没入】

[名](スル)ぼつにゅう(没入)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「没入」の解説

【没入】ぼつにゆう(にう)

犯罪者の家族や財産を没収する。〔漢書法志〕(ていえい)~其のに隨ひて長安に至り、上書して曰く、(淳于公)と爲り、齊中皆其のす。今法に坐し刑に當る。~妾、はくは沒入せられて官婢と爲り、以て刑罪(あがな)ひ、自ら新たにするを得しめんと。

字通「没」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android