コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

没入 ボツニュウ

デジタル大辞泉の解説

ぼつ‐にゅう〔‐ニフ〕【没入】

[名](スル)
沈み入ること。もつにゅう。「水中に没入する」
一つのことに心を打ち込むこと。没頭。もつにゅう。「仕事に没入する」
官府に取り上げること。収。もつにゅう

もつ‐にゅう〔‐ニフ〕【没入】

[名](スル)ぼつにゅう(没入)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼつにゅう【没入】

( 名 ) スル
すっかり沈み入ること。 「黒暗くらやみの水の中に-して/露団々 露伴
没頭すること。もつにゅう。 「研究に-する」

もつにゅう【没入】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

没入の関連キーワードイワーノフ(Vyacheslav Ivanovich Ivanov)ペーター・シュレミールの不思議な物語ルートウィヒ(2世)(バイエルン王)意識の直接与件に関する試論ネマニャ ラドゥロヴィッチドクトル・ビュルガーの運命ジャコメッティ高橋新吉(2)シュリーマンイワイチョウ小牧 源太郎カザンザキスディリアスボッカチオ乳・入・柔山茶花 究藤井 真澄息子と恋人山根 翠堂溝口健二

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

没入の関連情報