コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂積百足 ほづみの ももたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穂積百足 ほづみの-ももたり

?-672 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱(672)で近江(おうみ)側(大友(おおともの)皇子側)に属し,弟の五百枝(いおえ)らとともに飛鳥古京(奈良県)の飛鳥寺に陣どったが,天武天皇元年6月29日吉野側(大海人(おおあまの)皇子側)の大伴吹負(おおともの-ふけい)に殺された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

穂積百足の関連キーワード弘文天皇天智天皇犬養五十君蘇我果安天智天皇犬養五十君朴井雄君大伴吹負大友皇子蘇我果安

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android