コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山野井泰史 やまのい やすし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山野井泰史 やまのい-やすし

1965- 昭和後期-平成時代の登山家。
昭和40年4月21日生まれ。中学3年で日本登攀クラブに入会。高校卒業後の昭和61年からアメリカ・ヨセミテのエルキャピタン・ラーキングフィアなどに登る。のちカナダ,ヨーロッパアルプス,パタゴニア,ヒマラヤとフィールドを広げ,卓越したソロクライミング技術で世界屈指のクライマーといわれる。平成6年オペル冒険賞。12年「K2(8611m)に無酸素・単独登頂」で日本スポーツ賞。14年にはヒマラヤ・ギャチュンカン(7952m)北壁の単独登頂に成功したが,帰途,日本女性屈指の登山家の妻・妙子(旧姓・長尾)とともに雪崩にあい,手足の指10本(妙子は18本)を傷で失った。同年朝日スポーツ賞。15年妙子とともに植村直己冒険賞。東京都出身。著作に「垂直の記憶」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山野井泰史の関連キーワード昭和

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山野井泰史の関連情報