コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山野茂樹 やまの しげき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山野茂樹 やまの-しげき

1823-1882 幕末-明治時代の武士,殖産家。
文政6年1月10日生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士戊辰(ぼしん)戦争では奥羽鎮撫総督府への使者をつとめる。明治2年少参事となる。8年リンゴの試植苗の配布をうけ,10年初の結実に成功。養蚕,養豚などの士族授産事業にもつくした。明治15年9月19日死去。60歳。名は元敏。通称ははじめ主馬(しゅめ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山野茂樹

没年:明治15(1882)
生年文政6(1823)
幕末維新期の弘前(津軽)藩士。弘前生まれ。名は元敏。初め主馬と称した。弘前藩の藩校稽古館の総司を務め,用人,参政を歴任。戊辰戦争においては奥羽鎮撫総督府に使者として赴くなど,対外折衝に活躍。維新後,100俵を給され,正小参事に任じられた。廃藩後は,養蚕の振興など士族授産の事業に尽力し,明治政府が実施した第1回の洋種果樹配布のうち,りんごの試植苗を受けたひとりであった。第2回,3回にもりんご苗の配布を受け,明治10(1877)年,りんごの初の結実に成功した人物として知られる。

(長谷川成一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

山野茂樹の関連キーワード明治時代没年

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山野茂樹の関連情報