コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山階宮妃常子 やましなのみやひ ひさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山階宮妃常子 やましなのみやひ-ひさこ

1874-1938 明治-昭和時代前期の皇族。
明治7年2月7日生まれ。島津忠義(ただよし)の3女。明治35年山階宮菊麿(きくまろ)王と結婚。菊麿王の先妻の遺児3人と自分の生んだ3児を養育。41年の夫の死後は和歌と茶道に専念した。昭和13年2月26日死去。65歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山階宮妃常子の関連キーワードマキノ雅広久松静児おもなお雇い外国人バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎[各個指定]芸能部門珪藻土

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone