コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山鳥茸 ヤマドリタケ

デジタル大辞泉の解説

やまどり‐たけ【山鳥×茸】

イグチ科のキノコ。夏から秋、広葉樹林の地上に生え、高さ10~15センチ。傘は半球形をし、表面褐色。茎は太く、表面に網目模様がある。世界に広く分布し、欧米では乾燥させた幼菌をスープなどに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまどりたけ【山鳥茸】

担子菌類ハラタケ目のきのこ。夏から秋にかけ、ブナやケヤキの林内地上に発生。傘は径10~20センチメートルの平たい饅頭まんじゆう形で、表面は褐色。茎は太い。食用になる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山鳥茸 (ヤマドリタケ)

植物。アミタケ科のキノコ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

山鳥茸の関連キーワードケヤキ植物食用ブナ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android